ラン活

ランドセルの購入時期・選び方、ラン活のポイントは?

ランドセルの購入時期は?

ひと昔前までは、年が明けるとそろそろ入学の準備を始めなきゃ!っていう感じでしたが、最近はそれじゃあもう遅いっていう感じになっているんです。ランドセルの購入時期は、年々早まっているんです。あるアンケート調査では、8月までにランドセルを購入したという家庭が全体の6割以上を占めているそうです。

購入時期が早まっている事情は、ランドセルメーカーの販売戦略とも関係しているようなんです。ランドセルは、6年間もの長い間、使い続けられるように丈夫であることが重要ですから、安いもので済ませて直ぐに傷んでしまっては困りますよね。そして、ランドセルを購入する人(=お金を出す人)は、子供の両親の他にそれぞれの祖父母も含めて6人もいるんです。だから、「ちょっとぐらい高くてもいいものを!」という両親や祖父母の思いもあって、いわゆる工房系の縫製がしっかりしているランドセルが好まれる傾向にあります。その工房系ランドセルは、職人の手作りということもあって、人気商品は売れ行きが早く春から夏にかけての全国各地で行われる展示会で売り切れてしまうのです。

工房系ランドセルの購入を考えているママさんたちは、4月になると各メーカーのカタログを取り寄せて目ぼしいランドセルを絞り込み、展示会に申し込んでランドセルを直に触ったり背負ったりして購入を決めているんです。また、お盆に帰省して祖父母に買ってもらうというご家庭も多いので、自ずとランドセル購入時期のピークは8月頃になってしまうんです。だから、そういうラン活に取り残されないためには、8月頃までに購入するつもりで春頃から情報収集することが肝要なのです。

>> 2021年度ランドセル・カタログ請求一覧!ラン活の始まりはココから!

Sponsored Links

ランドセルの相場は?

孫への教育資金の支援が非課税になるという税制の導入に伴い、ランドセルも祖父母が購入するというケースは増えているようです。祖父母にとっても、孫がランドセルを背負う姿を見るのは嬉しいものです。祖父母が購入するケースが増えるということは、相場も上昇するということに繋がりますよね。実際のランドセル購入価格の相場は、平均で4万円後半と言われていますが、一番多い価格帯は5万円台、次いで6万円台、4万円台となっているんです。

5万円台ないしは6万円台というと、最近人気の高い工房系ランドセルでも中心的な価格帯に相当するんです。

ランドセル選びのポイントは?

ランドセル選びのポイントは人によって様々ですが、背負いやすさ、カラーやデザイン、耐久性、収納力などで選ぶという傾向が強いようです。耐久性は、言うまでもなく6年間使い続けられる丈夫なものを選ぶという点では誰しも異論をはさむ余地はありませんが、職人の手作りによるしっかりとした縫製が耐久性の原点であるということから、工房系ランドセルの人気が年々高まっていることは前述したとおりです。

一方、カラーやデザインについては、失敗談も多くあります。特に、派手なカラーやキャラクター柄を選んでしまったために、高学年になって恥ずかしくて使わなくなってしまうという話はよく聞きます。カラーやデザインも、6年間使うということを想定して派手すぎないシンプルで飽きのこないものを選ぶようにしましょう。

背負いやすさは親心としても一番気になる点のようです。候補のランドセルはカタログで絞り込んでも、最終的には実物を直接触って見たり背負い心地を確認することは大切だと思います。ランドセル展示会が活況なのもそういう点からなんですね。

それから、間違いやすい点が収納力です。小学生の荷物も最近は大人が思っているよりボリューミーになっています。教科書やノート以外にも、連絡帳、習字道具・絵具、体操服、ハーモニカや笛などでランドセルの容量は大きいに越したことはありません。また、ひと口に「A4サイズ」と言っても「A4クリアファイル対応」よりも「A4フラットファイル対応」のほうがひと回り大きいのです。「A4フラットファイル対応」をおすすめします。

Sponsored Links

オンラインショップで購入するケースが増加

ランドセルを購入する場所は、総合スーパー、百貨店、直営店などの実店舗が圧倒的に多いのですが、最近は、オンラインショップで購入するというケースが全体の2割を占めるまでに増加しているんです。ケースとして多いのは、実際の店舗や展示会で品定めして見比べてから、後日、オンラインショップで購入するというパターンのようです。

一方で、工房系ランドセルメーカーの展示会は、大勢の人で混雑してゆっくり見れない、小さな子供を連れて行くのが難しいという声も多いようです。そんな場合に、私がオススメしているのは、ご近所の小学生のランドセルを背負わせてもらったり、使い心地をご近所のママさんたちから情報収集するというものです。場合によっては、型落ちのランドセル(1年古いモデル)でも、品が良ければ比較的安く購入できて良いですよ。毎年、新年度のモデルが発売されるからと言って、そんなに大きく機能性がアップするものでもありませんから・・・。

オススメのランドセルメーカー

それでは、オススメのランドセルメーカーをご紹介しましょう。私がオススメしているのは、村瀬鞄行、シブヤ文房具、池田屋、カザマランドセル、堀江鞄製造などのいわゆる工房系ランドセルや、LIRICOなどのアパレル系ブランドです。これらのメーカーやブランドは、縫製がしっかりしていて丈夫なうえに、6年間の保証内容もしっかりしています。

保証内容については、どんな場合に無償で修理してくれるのか?代替ランドセルを借りれるのか?という点が確認ポイントとなります。保証内容の詳細は各メーカーによって異なりますので、しっかりと確認しましょう。

村瀬鞄行

>> 村瀬鞄行のランドセルの口コミ!名古屋の老舗ブランドのこだわりが光る!

シブヤ文房具

>> シブヤ文房具2020ランドセル展示会と店舗情報!

池田屋

>> 池田屋のランドセルはどこで買える?直営店舗と通販サイトを紹介!

カザマランドセル

>> カザマランドセルの口コミ・評判・売れ筋!手作りにこだわる理由は?

堀江鞄製造

>> 堀江鞄製造のランドセルの口コミ!店舗・展示会情報!

 

ステーショナリーラピス *LIRICOランドセル取扱店

>> LIRICOロマンティックランドセルの口コミ!

ミキハウス

>> ミキハウスのランドセルの通販!

Sponsored Links