豆知識

使用済みランドセルを寄付する方法は?送料や集荷料金は?

卒業後もまだ使える日本のランドセル

小学校生活6年間の思い出がいっぱいつまったランドセルは、なかなか手放せないという方も多いのでは?とは言っても、手元に置いておくにも場所がなく、かと言って使い道もない!と悩んでいるママは多いと思います。

日本のランドセルは、とても丈夫に作られていて、贅沢を言わなければまだまだ使えるはずです。そんな使用済みのランドセルは、ゴミとして処分するのではなく、必要としている子供たちへ寄付することで再利用される道があるんです。思い出のつまったランドセルが地球上のどこかで再利用され子供たちの役に立っていると思うと嬉しいですよね。

ランドセルの寄付とは?

6年間使い切った使用済みランドセルは、「寄付」という方法でリサイクルすることができます。最近は、使用済みランドセルの寄付を募っている団体が増加しており、社会貢献としての認知度も高まっています。寄付されたランドセルは、アフガニスタンをはじめ東南アジア、中南米、中東などの発展途上国へ届けられ、現地の子供たちが使用します。また、国内の被災地や児童施設に届けられることもあるようです。

発展途上国では、いまだに学校教育を満足に受けられない子供たちが多くいます。日本からランドセルを届けることで、親が子供を学校に通わせようとするきっかけに繋がっているのです。

Sponsored Links

ランドセルを寄付する方法は?料金はかかるの?

使用済みランドセルを寄付するためには、まず、ランドセルの寄付を募っている団体を選ぶ必要があります。どんな団体があるのか?については、後ほどご案内します。

≪ランドセルの寄付を募っている主な団体≫
ジョイセフ(JOICFP)
ワールドギフト
クラレ
セカンドライフ

ランドセルの送付方法は、各団体によって方法が異なりますので、よく確認してください。送付前に団体のホームページで受け付けを行ったり、指定された住所に直接送ったり、集荷に来てくれたり・・・と様々なのです。そうして各団体に集められたランドセルは、検品されたあと必要としている国々へ届けられます。

また、ランドセルを寄付する際にもう一つ留意する点は、料金がかかるということです。海外輸送などにかかる経費や寄付金を含んだ価格が各団体によって設定されています。

費用の内容は、倉庫での保管料やランドセルの検品費、国内通関経費、海上輸送費などです。また、寄付金を設定している団体では、集まったお金をワクチン募金として発展途上国の子供たちのためにワクチンを届けているところもあります。

「寄付するのにどうして料金がかかるの?」と考える人もいるかもしれませんが、ランドセルを遠く離れた子供たちに届けるためには費用がかかることは当然のことなのです。今どきは、大型ゴミを処分する時だって料金が必要となる時代ですから・・・。なので、料金として2,000~3,000円程度は用意しておいてくださいね。

ランドセルを寄付する際の留意点は?

1.ランドセルの素材や状態を確認

アフガニスタンをはじめイスラム圏の国々には、宗教上の理由から、豚革を使用したランドセルを送ることはできません。また、留め具やベルトが壊れているもの、汚れや劣化が激しいものも送ることはできません。

寄付する前にランドセルの素材や状態をしっかり確認して、わからないことがあれば送り先の団体に確認してくださいね。

2.一緒に発送できるものを確認

ランドセルと一緒に新品の鉛筆やノートなどの学用品を一緒に送れる団体もあります。また、ランドセルだけではなく、おもちゃや絵本といったアイテムの寄付を受け付けている団体もあります。ランドセルやその他のものを寄付することで、どのような支援をしたいのかを考えてから、寄付する団体を選ぶようにしましょう。

Sponsored Links

ランドセルの寄付を募っている団体

それでは、ランドセルの寄付を募っている団体をご紹介します。

ジョイセフ(JOICFP)

日本の国際NGOであるジョイセフは、「女性のいのちと健康を守る」ための活動をしています。毎年1回「想い出のランドセルギフト」というキャンペーンを実施しています。

想い出のランドセルギフトは、役目を終えたランドセルをアフガニスタンに寄贈し、子供たち、特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てる国際支援活動です。ランドセルを受け取ることで、学校で教育を受ける機会が生まれ、日本のランドセルはアフガニスタンの子供たちの人生に大きなチャンスを与えてきました。子供たちが学校で学び読み書きができるようになって、自分自身や家族を守る知識や情報を身に付けられるようになることを目指しているのです。

寄付の方法

1.贈るランドセルの確認・準備

ランドセルの色や年数は問いませんが、破損が激しいランドセル、豚革製のランドセルは現地に届けることができませんので、事前にご確認ください。また、お守りやブザーはランドセルから外してください。

2.海外輸送経費の振込み(寄付)

料金は、ランドセル1個につき1,800円です。必要枚数の書き損じはがきを送付することで、海外輸送経費にあてることができます。

3.ランドセルを指定倉庫へ送付

ランドセルは、紙袋やビニール袋などに包み、横浜の指定倉庫に宅急便などで送ってください。

学用品をランドセルの中に入れて贈ることもできます。ただし、全て未使用のものに限ります。なお、コンテナ輸送の都合で贈ることができない学用品もありますので、事前にご確認ください。鉛筆・ノート・消しゴム・鉛筆削り(電動タイプは不可)・下敷きは可能です。

詳しくは、ジョイセフ公式ホームページをご覧ください。

ワールドギフト

ワールドギフトは、世界の国々へ物資支援をしている国際社会支援推進会です。ランドセルだけでなく、衣類や文房具類、おもちゃといった幅広いアイテムの寄付を受け入れています。日本ではゴミとして扱われたり捨てられてしまうものでも、世界には喜んで使っていただける人々がいます。これまでの物資寄付国は50ヵ国にのぼります。ランドセル以外にもかなり広範囲のモノを寄付することができるのが特徴です。

寄付の方法

(1)メールフォームで荷物の集荷依頼、(2)注意事項・確認メールに返信し荷物を準備、(3)希望日・時間帯に宅配業者が集荷 という流れです。
梱包には、なるべく段ボール(使用済みでも可)を利用してください。使用済み段ボール・新聞紙は古紙再生企業に販売リサイクルされ、その収益は自然保護団体に寄付されます。

段ボールのサイズによって集荷料金が異なります。なお、集荷料金には再利用にかかる全ての費用が含まれます。
・120サイズ[縦・横・奥行の3辺合計が120cmまで、重さ30kgまで]の集荷料金2,400円
・140サイズ[縦・横・奥行の3辺合計が140cmまで、重さ30kgまで]の集荷料金2,900円
・160サイズ[縦・横・奥行の3辺合計が160cmまで、重さ30kgまで]の集荷料金3,700円

詳しくは、ワールドギフト公式ホームページをご覧ください。

Sponsored Links

クラレ

クラリーノのランドセルでお馴染みのクラレでは、ランドセルという身近なものを通じてボランティアとリサイクルの気持ちを多くの子供たちに持ってもらいたいという思いで、2004年から「ランドセルは海を越えて」というキャンペーン活動を行っています。既に、11万個以上のランドセルが海を越えています。

このキャンペーンは、6年間の思い出がたくさん詰まった使用済みランドセルに、ノート、鉛筆、クレヨン等の文具を詰めて、世界で最も物資が不足している国のひとつであるアフガニスタンの子供たちにプレゼントをする活動です。なお、豚革を使用したランドセルは宗教上の理由から届けることはできませんので、事前にご確認ください。

寄付の方法

(1)ホームページから応募、(2)荷物の準備、(3)ランドセルを指定倉庫へ送付 という流れになります。
料金は、倉庫へ送る送料のみなので、配送業者によって料金は異なります。

詳しくは、クラレ公式ホームページをご覧ください。

セカンドライフ

セカンドライフは、不用品の寄付とリサイクルを行う企業です。ランドセルをはじめ、ぬいぐるみ、人形、子供服、チャイルドシートなど、様々なジャンルのアイテムを寄付することができます。受け入れたランドセルは、状態や用途により、国内外の受け入れ先で再利用されます。ランドセルは、全国から宅配便で集荷しています。また、支援物資として集荷した箱数に応じたワクチン募金をユニセフを通じて寄付しています。つまり、支援物資を寄付すると同時に、募金活動としても利用できます。

寄付の方法

(1)荷物の準備、(2)サイトから申し込み、(3)海外輸送経費・寄付金の振り込み、(4)専用伝票を受け取る、(5)宅配業者による集荷 という流れになります。料金は、段ボールのサイズ小:1,480円、サイズ大:1,980円です。

詳しくは、セカンドライフ公式ホームページをご覧ください。

Sponsored Links